2008年01月16日

エラスリス エステート シャルドネ

エラスリス エステート シャルドネ
生産国:チリ(カサブランカ・ヴァレー)


先日飲んだワインです。
チリ=安ワインというイメージが強いと思いますが、
今は、それに増して、「おいしいワイン」がどんどん出ています。

フランスの歴史あるシャトーや、ドメーヌが注目している土地でもあります。



エラスリスは、1870年創業、135年以上の歴史を誇る名門のワイナリー。
グランヴァンクラスの「ドン・マキシミアーノ’00」が、
Ch.ムートン・ロートシルト’00、Ch.ラフィット’00、
Ch.マルゴー’00よりも評価が高かったというのは、
有名な話ですよね。


そんなエラスリスの、デイリーワインを飲んでみました。
チリのシャルドネなので、果実味たっぷりで、
やや甘さも感じるのかしら・・・と思いきや。
結構な酸味が。
思ったより酸味があったので、びっくりしました。
水炊き(withポン酢)と一緒に飲みましたが、これでちょうどいいぐらい。

やっぱり、魚介類、またはあっさり系の味付けの料理と
あわせるのがいいかも。




人気ブログランキング
鍋にもってこい!のワイン♪
【関連する記事】
posted by みや at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン:チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

牛乳焼酎 牧場の夢

ほのかに感じるやさしい香り。

牛乳焼酎 牧場の夢
アルコール度数:25度
製造元:

先日、ちょこっと試飲した焼酎です。
焼酎ブーム到来とともに、スタンダードな芋・麦・米・そば・・・
以外にも、いろんな原料を使って焼酎が造られました。
これも、そのうちのひとつで、一時期ブームを巻き起こした牛乳焼酎。
いまさら・・・な感もありますがたらーっ(汗)初飲みでした。

牛乳の香りはまったくありません。
まぁ、焼酎はもともと香りがわかりにくいので当然といえば当然なのですが。
ひとくち口に含みます。
牛乳の味がするかな、と期待と不安が入り交じる中、味わうと。
やはりはっきりとした牛乳の味はありません。
でも、なんともまろやかな口当たり。
焼酎はアルコール度数が高いので、独特のアルコール臭というか、
舌になにかひっかかるものを感じやすいのです。
が、この牛乳焼酎は、そういうものがまったくなく、飲みやすい焼酎でした★



人気ブログランキング
これはまろやか!
タグ:牛乳 焼酎 牧場
posted by みや at 11:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 焼酎:他の原料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

龍力 龍仕込み episode1

五代目が醸す、こだわりの日本酒
龍力 龍仕込み episode1
アルコール度数:17.5度
区分:大吟醸生原酒
蔵元:株式会社本田商店(兵庫県・姫路市)


先日飲んだお酒です。
幸運にもこのお酒を醸したご本人、龍力五代目に注いでもらって
飲むことができましたかわいい


「このepisode1は試行錯誤の中で生まれた偶然の産物。」
と言われていました。
跡継ぎとしてはまだまだ年齢も経験も若い方です。(まだ二十代ですし。)
でも、若いときにしかできない冒険を、今しかできない経験を
積んでいるんだなーと思いました。


「香りを大事にした」とおっしゃるとおり、
香りは今までの龍力製品の中ではピカイチに華やか。
ずーっと華やかな香りが余韻として残ります。
でも、後口はキリっと引き締まる辛口。



ちなみに、「episode1」なのは、今後、2、3と出していくからだそうです。



↓ラベルも今までの龍力とはちょっと違う雰囲気。
龍力 龍仕込み episode1



↓いろんな町のいろんなお酒の紹介をしています。
わが町わが村地酒自慢



人気ブログランキング
日本酒を冷やで飲むのも夏の醍醐味!

posted by みや at 13:25| Comment(4) | TrackBack(2) | 地酒:播州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

純米吟醸活性 FUWARI(ふわり)

しゅわしゅわっとはじける、

これはもう日本酒じゃありません!

2724181.jpg純米吟醸活性 FUWARI
アルコール度数:12度
蔵元:株式会社酒千蔵野(長野県)

先日飲んだお酒です。
他にもいろいろと飲みましたが、口休めにちょうどよい感じのお酒でした。
前は、千野酒造場という名でお酒を醸造・販売していましたが、
最近、社名変更したようです。
今ではあまり珍しくない(?)女性杜氏が醸しています。
ちなみに。
蔵は、あの川中島の合戦があった長野県川中島。
しかも、驚くことに、川中島の合戦の時にはすでにお酒を造っていたのだとか。
長野五輪のときに区画整理があり、そのときに蔵を現在の場所に
移動しています。
なので、創業500年以上なのに、蔵は近代的でおしゃれな建物。



<以下文は引用>
「日本酒」とは思わないでください。
これまでの「日本酒」「清酒」と同じカテゴリーではありません。
華やかでフルーティーな香りと、ジューシーな口当たり。
ボトル内で酵母が満たした天然炭酸ガスが、舌と喉で心地よく弾け、
躍り出します! もちろん、「お米」と「天然水」のみで手作りされていますので、体にもやさしいのです。
低アルコールなお酒です
<ここまで>


蔵元のおっしゃるとおり、これはもう日本酒ではありません。
(日本酒通の人からいけば、邪道なものかも・・・?)
なので、初めて日本酒を飲む、日本酒が苦手、という人には
きっかけになりやすいかと。
「普段チューハイばっかり。」とか、「スパークリングワインがスキ」
という人には、絶対にオススメ!
でも、アルコール度数は12度と、甘口で口当たりよい割には、
かなり強めなので、飲みすぎに要注意!(いや、ほんとに。)
油断すると、一人で500ml空けることができるくらい、
口当たりがいいんです。



↓純米のシャンパン!ミニサイズもあります
純米吟醸活性FUWARI



人気ブログランキング
夏に飲みたい!しゅわしゅわのお酒揺れるハート

posted by みや at 13:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

キングストン ソフトプレス シャルドネ

まったり感が癒されマス揺れるハート

キングストン シャルドエキングストン ソフトプレス シャルドネ
アルコール度数:12%
生産国:サウスオーストラリア(オーストラリア)
輸入元:モトックス




フォーリバーズを飲んだ次の日に飲んだワインです。
2日続けてのワインは久々だけあって、
このワインは半分しか飲めませんでしたー(長音記号1)たらーっ(汗)
でも、スクリューキャップなので、飲み残しの保存もしやすいるんるん

ソフトプレスとは圧搾をやさしくしたもの。
いわば一番搾りの果汁のみを使用した贅沢な造りです。

樽熟成からくるヴァニラの香りとまったりとした味わい。
ちょっとくせのある感じなので、
苦手な人はダメかもしれません。
(私は大丈夫でしたが。)
日本酒の生貯を彷彿させるような口当たりです。


魚料理はもちろんですが、肉料理にも合うかと。
また、チーズにも。



人気ブログランキング
夏はやっぱ白ワインでしょっ!

posted by みや at 13:55| Comment(2) | TrackBack(1) | ワイン:オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。