2005年12月02日

ボジョレー ヌーヴォー

いまさら・・・な感がしますが、ボジョレー・ヌーヴォーの感想です。
先週にやっと飲むことが出来ましたかわいい

ピエール・アンドレのボジョレー・ヌーヴォー。
2005年・ピエール・アンドレ・ボジョレー・ヌーヴォー [2005] ←クリックするとお買い物できます。

今年は出来がよいと聞いていたので、楽しみにしていたのですが、
たしかに、果実味たっぷりで、濃厚な味わいでしたるんるん
新酒っていうと、「フレッシュ」が売りですが、
今年は「凝縮」って言葉がよく似合うと思いまするんるん

↓前の記事はこちらから。
ボジョレー ヌーヴォー



ranQ←ブログランキング参加中。1日1clickでどうぞるんるん

ボジョレー ヌーヴォー

いまさら・・・な感がしますが、ボジョレー・ヌーヴォーの感想です。
先週にやっと飲むことが出来ましたかわいい

ピエール・アンドレのボジョレー・ヌーヴォー。
2005年・ピエール・アンドレ・ボジョレー・ヌーヴォー [2005] ←クリックするとお買い物できます。

今年は出来がよいと聞いていたので、楽しみにしていたのですが、
たしかに、果実味たっぷりで、濃厚な味わいでしたるんるん
新酒っていうと、「フレッシュ」が売りですが、
今年は「凝縮」って言葉がよく似合うと思いまするんるん

↓前の記事はこちらから。
ボジョレー ヌーヴォー



ranQ←ブログランキング参加中。1日1clickでどうぞるんるん

2005年11月12日

ボジョレー・ヌーヴォー 解禁4日前

ボジョレー・ヌーヴォー 解禁4日前

ボジョレー・ヌーヴォー解禁日(11月17日)まで
あと4日とせまりましたね!
みなさん、もう予約されましたか?
私は、ピエール・アンドレのボジョレー・ヌーヴォーを
予約しましたるんるん
先行予約/・ピエール・アンドレ・375ml・ボジョレー・ヌーヴォー [2005]ピエール・アンドレ ボジョレー・ヌーヴォー
いきつけの飲み屋さんで飲みます。
さすがに解禁日に飲むのは難しいので、1日遅れで飲む予定ですぴかぴか(新しい)
今年の生育状況ですが、割といいらしいです。
2003年に比べるとぜんぜんでしょうが・・・
2003年は『100年に1度の出来』と言われてましたから。。。
出来のよい年は栄養を出し切っているので、木自体が弱っているということと、
最高の出来のイメージが強すぎるために、次の年のヌーヴォーは
やはり前年に比べると味劣りします。
その次の年は逆に前年に出し切れなかった凝縮感たっぷりのぶどうが
とれる傾向にあるようです。
今年は去年よりも生育状況もよいみたいだし、期待できますよるんるん

ぶどうの生育状況

前の記事はこちらから→ボジョレー・ヌーヴォー
  ボジョレー・ヌーヴォーについてもう少し詳しく書いてます。

年々、ボジョレー・ヌーヴォーの輸入量が増えているそうですが、
いろいろなタイプのヌーヴォーが登場しています。
最近注目しているのは、ノン・フィルターというタイプ。
その名のとおり、ろ過してないヌーヴォーです。


ボジョレー・ヌーヴォー ノン・フィルター

その中でも気になるのが、アンリ・フェッシー。
アンリ・フェッシー ボジョレー・ヌーヴォー

ボジョレー・ヌーヴォーとはいえ、他のワイナリーの
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーに匹敵するほどの味わいが
定評のワインです。



人気ブログランキング
  ↑1年に1度のワイン祭りに乗り遅れるな!?
   いつもクリックありがとうございます揺れるハート

2005年10月05日

シャブリ 

◎シャブリ◎
ドメーヌ・ヴォコレ・シャブリ 2004

シャブリといえば、ブルゴーニュ地方の辛口白ワインの代名詞とも
いえる有名なワインですが、大きく分けて4つのランクに分類できます。
 *シャブリ・グラン・クリュ(Chablis Grand Crus)・・・特級畑
 *シャブリ・プルミエクリュ(Chablis Premier Crus)・・1級畑
 *シャブリ(Chablis)
 *プティ・シャブリ(Petit Chablis)


シャブリ・グラン・クリュ(Chablis Grand Crus)は、
特級畑といい、ここで獲れたぶどうから最高級シャブリが造られます。
大きいとは言えないシャブリ地区のごく小さな地域にある特級畑はさらに
7つの小さな区画に分けられます。
 *Bougros(ブーグロ)
 *Les Preuses(レ・プリューズ)
 *Vaudesir(ヴォーデジール)
 *Grenoulles(グルヌイユ)
 *Valmur(ヴァルミュール)
 *Les Clos(レ・クロ)
 *Blanchots(ブランショ)


シャブリ・プルミエクリュ(Chablis Premier Crus)は、
1級畑といい、「Premier」は「1er」と書かれていることも多いですね。
1級畑は40畑あります。

シャブリ(Chablis)は、一般的にシャブリと呼ばれているものが
このランクになります。
「生牡蠣とよく合う」のは、このランクのシャブリです。
シャブリ地区産の白ワインの60%以上を占めています。

↓シャブリ地区の地図が見れます。
http://www.cyber-wineshop.com/news/bourgogne/appellation01.htm#1



↓シャブリを販売しているページを見つけました。
シャブリ





人気ブログランキング
  ↑キリっと冷えたシャブリは格別!
   いつもクリックありがとうございます揺れるハート

2005年09月07日

ボジョレー ヌーヴォー

1年に1度のお祭り騒ぎ☆


今年は11月17日解禁でするんるん


◎ボジョレー ヌーヴォー◎
ボジョレーヌーヴォー ←写真はボジョレーの帝王、ジョルジュ・デュブッフ。


『ボジョレー(ボージョレ)』は、ブルゴーニュ地方の中にある一地区。
ロマネ・コンティが造られるヴォーヌ・ロマネや
ジュヴレ・シャンベルタンなどの有名な村があるコート・ドール地方より
もっと南にある地区です。
『ヌーヴォー』とは、新酒のことをいいます。
なので、『ボジョレー・ヌーヴォー』は、『ボージョレ地区の新酒』という意味。
毎年11月第3木曜日が解禁日なので、今年は11月17日(木)ですね。
これは、現地時間によるものなので、原産国であるフランスよりも
日本の方が8時間早く解禁されます。
販売店や飲料店によっては、午前12時ちょうどに販売を開始するなど
お祭りムードがより高めていますね。


ボジョレー・ヌーヴォーは、赤ワインとロゼワインの2種類だけ。
(でも、ロゼのヌーヴォーって見たことないですねー)
なので、白ワインは、マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォーを販売してるんです。
ちなみに、マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォーは、白ワインのみで、
ボージョレ地区よりすこし北にあるマコネー地区でとれた葡萄で造られたワインです。
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーは、より地域を限定されたものにつけられます。
なので、ボジョレー・ヌーヴォーよりもワンランク上のボジョレーということです。


『ボジョレー・ヌーヴォー』はガメイという品種で造られています。
ガメイという品種は、主にフランスでボージョレ地区で栽培されている品種です。
白い果汁をもった黒い果皮のぶどうで、香りはイチゴキャンディーのような香りがします。
『ボジョレー・ヌーヴォー』は通常の赤ワインの造り方と異なり、
『マセラシオン・カルボニック』という特殊な方法を用いて造っています。

●マセラシオン・カルボニック法(炭酸ガス浸漬法)とは?
収穫した黒ぶどうを破砕せずに大きなステンレスタンクに入れ、
二酸化炭素(炭酸ガス)気流中で数日置く方法。
色が良く出る割に、タンニンによる渋味が少ない、
フレッシュな味の赤ワインになります。
※赤ワインを造るときは、最初に破砕をして色味を出します。
そうすることで、果皮や種由来のタンニン(渋味)が強くなります。



普段はワインをあまり飲まないけれど
この日だけは飲むと言う方も多いんじゃないでしょうか?
↓ただいま予約受付中!
ボジョレー・ヌーヴォー[2005]ジョルジュ デュュブッフ
ジョルジュ・デュブッフ「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」2005(赤)<航空便>


↓キティちゃんラベルもあります!
ハローキティボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー[2005]11本セット1本単価2680円(税込)の11本... ハローキティ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー

↓去年に引き続き、画伯・ジミー大西ラベルもあります。
アルベール・ビショーボジョレー・ヌーボー [2005] ジミー大西ラベル アルベール・ビショー ボジョレー・ヌーヴォー ジミー大西ラベル


↓ボジョレー・ヌーヴォーの通販予約ができるサイトをまとめています。
えりすぐり.netブログ!


人気ブログランキング
  ↑お酒でまったりと。
   いつもクリックありがとうございます揺れるハート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。