2007年08月17日

純米吟醸活性 FUWARI(ふわり)

しゅわしゅわっとはじける、

これはもう日本酒じゃありません!

2724181.jpg純米吟醸活性 FUWARI
アルコール度数:12度
蔵元:株式会社酒千蔵野(長野県)

先日飲んだお酒です。
他にもいろいろと飲みましたが、口休めにちょうどよい感じのお酒でした。
前は、千野酒造場という名でお酒を醸造・販売していましたが、
最近、社名変更したようです。
今ではあまり珍しくない(?)女性杜氏が醸しています。
ちなみに。
蔵は、あの川中島の合戦があった長野県川中島。
しかも、驚くことに、川中島の合戦の時にはすでにお酒を造っていたのだとか。
長野五輪のときに区画整理があり、そのときに蔵を現在の場所に
移動しています。
なので、創業500年以上なのに、蔵は近代的でおしゃれな建物。



<以下文は引用>
「日本酒」とは思わないでください。
これまでの「日本酒」「清酒」と同じカテゴリーではありません。
華やかでフルーティーな香りと、ジューシーな口当たり。
ボトル内で酵母が満たした天然炭酸ガスが、舌と喉で心地よく弾け、
躍り出します! もちろん、「お米」と「天然水」のみで手作りされていますので、体にもやさしいのです。
低アルコールなお酒です
<ここまで>


蔵元のおっしゃるとおり、これはもう日本酒ではありません。
(日本酒通の人からいけば、邪道なものかも・・・?)
なので、初めて日本酒を飲む、日本酒が苦手、という人には
きっかけになりやすいかと。
「普段チューハイばっかり。」とか、「スパークリングワインがスキ」
という人には、絶対にオススメ!
でも、アルコール度数は12度と、甘口で口当たりよい割には、
かなり強めなので、飲みすぎに要注意!(いや、ほんとに。)
油断すると、一人で500ml空けることができるくらい、
口当たりがいいんです。



↓純米のシャンパン!ミニサイズもあります
純米吟醸活性FUWARI



人気ブログランキング
夏に飲みたい!しゅわしゅわのお酒揺れるハート

posted by みや at 13:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

奥の松 本醸造 サクサク辛口

その名のごとく、「サクサク」の辛口!


奥の松 本醸造 サクサク辛口
アルコール度数:15.5%
日本酒度:+2
酸度:1.4
精米歩合:65%
酒造元:奥の松酒造(福島県)



先日飲んだお酒です。
商品名についている「サクサク」は、
物事が軽快につまづきなく運ぶという意味を込めて、
名づけられました。
が、本当に、軽快な味わいで、まるで水のよう。。。
(飲んだ印象は、沖縄の黎明に似てたかな・・・)
それまで、結構な重口のお酒を飲んでいたので、
ますます軽いなぁーーーと思いながら飲んでました。

最初の一杯は物足りなく感じていましたが、
きっと、料理が進んでも、料理の味を邪魔しない、
料理の最初から最後まで楽しめる1本じゃないかと。
(お酒に味がありすぎると、途中でツラくなるから・・・)

女性にも気軽に楽しめる日本酒ですよ♪


↓お買い物するならクリック♪どうぞ♪
奥の松 本醸造 サクサク辛口


人気ブログランキング
サラサラなお酒。今までの口当たりとはちょっと違う!

posted by みや at 12:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

黎明 本醸造しぼりたて

沖縄唯一の清酒を造る蔵

黎明 本醸造しぼりたて


先日飲んだお酒です。
沖縄のお酒というと、泡盛だけと思っていましたが、
なんと、沖縄にも清酒を造る蔵がありました。

黎明とは、

(1)夜が明けて朝になろうとする頃。明け方。よあけ。

(2)物事が盛んに始まろうとする時。新しい文化などが起ころうとする時。
「近代日本の―を告げる」
(infoseek 国語辞典より)


という意味があり、
まさしく新年にふさわしいお酒ですね。


最初の飲み口は、辛口でもなく、甘口でもなく。
すっきりしすぎて物足りない?
と思っていましたが、
料理がすすむにつれて、逆に料理の邪魔をせず、
のど越しさわやかなお酒と感じました。

前菜のようなシンプルな味にもマッチするし、
煮付けなどの濃いめの料理のあとの口の中を
すっきりクリアにするようなさわやかなのど越し。

沖縄もやるなぁ・・・と思いましたぴかぴか(新しい)




↓飲んだお酒はしぼりたてですが・・・。
黎明 本醸造



人気ブログランキング
沖縄にもおいしい日本酒がありましたぴかぴか(新しい)

posted by みや at 07:15| Comment(15) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

やたがらす本醸造

やたがらす本醸造 PLAYカップ 180mlやたがらす本醸造
醸造元:(株)北岡本店(奈良県)

先日、吉野へ遊びにいったときに買った品です。
昨今のカップ酒ブームということで、とりあえず買ってみました(笑)
こういうかわいらしいキャラクターがプリントされている
カップ酒だと、女性も手にとりやすいですよねぴかぴか(新しい)
ちなみに、このカップ酒、気づいたら空になっていました・・・(涙)
(父上に飲まれてたんです・・・)


やたがらすは神話の中で「道案内の鳥」とされており、
日本サッカーの未来を導いていくという意味をこめて、
日本サッカー協会のエンブレムマークにも使われています。
FIFAJFAマーク
日本代表の選手のユニフォームの左胸のあたりにあるヤツですね。


1ヵ月後に控えているFIFAワールドカップinドイツの
熱気が日々高まっていますが、(昨日のブルガリア戦は残念でした・・・)
おうち飲みの1杯にこのやたがらすはどうでしょうか。


↓やたがらす本醸造を販売しているページを見つけました。
やたがらす本醸造 PLAYカップ 180mlやたがらす本醸造


↓こんなのも出しているようです。サッカーファンにはたまらない!?
やたがらす サッカーボトル720ml



人気ブログランキング
  
 冬眠?もすんだので?更新がんばりまっす揺れるハート
 いつもクリックありがとうございます揺れるハート
posted by みや at 11:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

久保田 萬寿 純米大吟醸(新潟県)

「久保田」の最高峰「萬寿」。



◎久保田 萬寿 純米大吟醸(新潟県)◎
久保田 萬寿 純米大吟醸 1800ml (1月17日より発送)
↑クリックするとお買い物できます。
アルコール度数:15.5%
原料米:五百萬石(精米歩合35%)
日本酒度:+2.0
酸度:1.2
製造元: (株)朝日酒造(新潟県)



人気の衰えを知らない「久保田」ですが、
最高峰の萬寿は新年の挨拶まわりのお土産に最適ですね。
(楽天)ランキングでも上位を占めていました。

創業時(1830年)の屋号を冠した、朝日酒造の渾身の逸品です。
萬寿は「やわらかく」「ふっくら」と醸し出しました。
千寿しか飲んだことがないのですが、
きっと、千寿よりも奥深い味わいで「これぞ新潟の銘酒」とうなずく
飲み心地なんだと思います。
日本酒初心者の方にも飲みやすく、日本酒玄人の方には印象深い味わいじゃないかと。
私にはもったいないだろうなぁ・・・という感じの味でしょうねあせあせ(飛び散る汗)



↓久保田萬寿を販売しているページを見つけました。
久保田 萬寿 1.8L 純米大吟醸   久保田萬寿1.8L   久保田 萬寿 720ml(純米大吟醸)久保田萬寿720ml


過去記事「久保田 千寿」はこちらから。



人気ブログランキング
  ↑大切な方への贈り物にもおすすめぴかぴか(新しい)
   いつもクリックありがとうございます揺れるハート
posted by みや at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

日本盛 惣花

黒田清子さん、慶樹さん、
ご結婚おめでとうございますハートたち(複数ハート)

超特撰 惣花
アルコール度数:15度未満
日本酒度:−4.0
酸度:1.6
アミノ酸度:1.4
蔵元:日本盛


11月15日は、元皇族の黒田清子さんのご成婚で各メディアが
にぎわいましたねるんるん
紀宮さま、ご成婚

今回ご紹介する「惣花」は宮内庁御用達のお酒なんですねー。
(ちなみにモメサンメルローは英国王室御用達ワイン)

昭和35年までは門外不出の「幻の銘酒」として一般に販売できない酒だったそうです。
純米吟醸酒で、甘、酸、辛、苦、渋の5味のバランスを整えたお酒で、
香りを抑えめにし、飲みあきのしない、口当たりがやわらかで、上品な風味が特徴。
惣花には「あまねく愛す」という意味なんだそうです。
お祝いの席にはもってこいのお酒ですよね。


↓惣花を販売しているページを見つけました。
日本盛惣花 1800ml【大感謝セール0916】贈答用にもオススメ。1.8L瓶
日本盛惣花 720ml720mlのお手頃サイズ。
日本盛惣花 300ml300mlのお試しサイズ。



人気ブログランキング
  ↑おめでとうございますぴかぴか(新しい)
   いつもクリックありがとうございます揺れるハート
posted by みや at 16:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

賀茂鶴 純米吟醸 男たちの大和

戦艦大和に搭載されたお酒を再現!


ぜひご賞味ください♪


◎賀茂鶴 純米吟醸 男たちの大和◎
男たちの大和
原料米:八反錦・地米酒
アルコール度数:15〜16度
精米歩合:60%
日本酒度:+3、酸度:1.6、アミノ酸度:1.7
蔵元:賀茂鶴(広島県)


反町隆史、中村獅童など豪華キャストが演じた「男たちの大和」。
12月17日(土)、全国東映系でロードショーされます。
男たちの大和公式HP

彼らとともに散った「戦艦大和」に搭載されていたお酒が賀茂鶴なんだそうです。
その搭載酒に近い純米吟醸酒として造られたのが、
この「純米吟醸 男たちの大和」です。

戦争時代を知らない私たちが唯一知ることができる手段が
映画や小説などメディアです。
真実はいろいろあると思いますが、戦争時代の壮絶な雰囲気を
感じ取れるんじゃないでしょうか。
その時代を想像しながらお酒を飲むというのもまた感慨深いものです。


限定発売なので、「飲みたい!」という方はぜひ予約を!
(インターネットでは探せませんでしたので、
 お近くの酒屋さんでご注文くださいぴかぴか(新しい)

↓本で「男たちの大和」をみる
男たちの大和(上)決定版男たちの大和(上)決定版
男たちの大和(下)決定版男たちの大和(下)決定版

↓音楽で「男たちの大和」をみる
長渕剛/close your eyes/YAMATO 《特典:告知ポスター付き》「男たちの大和」主題歌・長渕剛



人気ブログランキング
  ↑映画もよろしくるんるん
   いつもクリックありがとうございます揺れるハート
posted by みや at 14:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

西尾正宗

初代「日本一」のお酒、西尾正宗。


解村記念の「村まつり」で復刻。


西尾正宗

「西尾正宗」は篠山市大山上にあった西尾酒造場で造られ、
一九〇七年に初めて開かれた「全国清酒品評会」で一等賞を獲得した、
初代日本一の銘酒。
ちなみに、「全国清酒品評会」とは、今で言う「全国新酒鑑評会」のことです。
四一年に同酒造場が他の酒造場と合併した後は、造られなくなりました。
今秋、住民有志が企画した「解村五十年甦(よみがえ)る大山村記念事業」の
村まつりで鏡開きをして「祭り酒」として振舞われます。
また、地区の酒屋2軒でも販売とのこと。
取扱店は、そのだやTEL079−596−0011、
     コペラ大坪TEL079−596−0010。


↓記事の詳細はこちらをどうぞ。(神戸新聞)
初代「日本一」名酒復刻へ 篠山・大山地区「西尾正宗」


↓復刻版「西尾正宗」を手がけた蔵元。
丹波篠山 鳳鳴(ほうめい)酒造
 主屋・仕込蔵などは国の有形文化財(建物)に登録されている、
 伝統のある蔵です。
 れんとでおなじみ、音楽振動で日本酒醸造もしています。



ranQ←ブログランキング参加中。1日1clickでどうぞるんるん
posted by みや at 13:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

賀茂鶴 特製ゴールド純金箔入り

敬老の日のプレゼントにどうぞるんるん


元祖・金箔入りのお酒。


◎賀茂鶴 特製ゴールド純金箔入り◎
賀茂鶴 特製ゴールド
分類:大吟醸酒
原料米:山田錦・八反(はったん)・雄町(おまち)
アルコール度数:16〜17度
蔵元:賀茂鶴酒造(広島県)



賀茂鶴の歴史は古いです。1623年(元和9年)創業。
その頃の日本はというと、江戸時代が始まったばかりですね。
現在の「賀茂鶴」という銘柄に変わったのは、1873年(明治6年)のこと。
この年を第2期創業の年と位置付けています。

賀茂鶴特製ゴールド純金箔入りは、
昭和33年『業界で初めて金箔を入れた大吟醸』がヒットし、
その後、賀茂鶴は、全国的なブランドとして確立されました。
しかし、上等酒、特等酒といった普通酒(いわゆる晩酌用のお酒)にも
力を入れており、地元・広島では、「賀茂鶴しか飲まん!」という方も多いようです。

この特製ゴールドは、ちょっとしたお祝いにぴったりのお酒ですね。
優雅な香りと芳醇な味わいで、花びら型の金箔がより華やかに演出します。
冷やしてが一番おすすめ。または、常温・ぬる燗でも。


↓賀茂鶴 特製ゴールド純金箔入りを販売しているページを見つけました。↓
賀茂鶴 特製ゴールド純金箔入り 1800ml
賀茂鶴(西条) ゴールド賀茂鶴
【広島県 賀茂鶴酒造】特製ゴールド賀茂鶴 純金箔入 大吟醸 720ml




人気ブログランキング
  ↑お酒でまったりと。
   いつもクリックありがとうございます揺れるハート

posted by みや at 14:05| Comment(1) | TrackBack(1) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

菊水 知命 大吟醸

知命〜五十にして天命を知る〜


お客様に大感謝!の1本です揺れるハート


◎菊水 知命 大吟醸◎
菊水 知命
原材料 米・米麹・醸造アルコール
アルコール分16度
精米歩合50%(大吟醸)
日本酒度+4、酸度1.4
味わい すっきりとした辛口


「菊水ふなぐち」で有名な菊水酒造は、今年法人設立50年を迎えます。
それを記念して、大吟醸「菊水知命(ちめい)」が発売になりましたるんるん

大吟醸で¥2200(1.8L)は、格安!
相場がよくわからないんですが、メーカー希望小売価格で
2000円前半台はみたことがないです。


名前の由来は、孔子の論語の一文
「五十にして天命を知る」から。



穏やかな吟醸香をともなう軽快な飲み口で、酒通の方も、
初めて日本酒を召し上がる方もご満足いただける大吟醸酒。
料理との相性も良く、素材の繊細な旨味を引き出します。
キリリと冷やしてぐいっといくのがオススメぴかぴか(新しい)



↓菊水 知命 大吟醸を販売しているページを見つけました。↓
50周年記念商品「菊水知命」720ml

『古(いにしえ)の菊水プレゼントキャンペーン』
  8月1日〜10月31日まで実施してます。
  



人気ブログランキング
  ↑今週もがんばりまっすexclamation
   1日1clickでお願いしまするんるん
posted by みや at 14:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

酔心 涼彩 かちわり原酒

氷を入れてたのしむ地酒。

ひんやりで初夏を楽しみましょ。



◎酔心 涼彩 かちわり原酒◎
酔心 涼彩 かちわり原酒

広島の地酒・酔心というと、ブナのしずくが有名ですね。
その酔心から、新しい飲み方提案の地酒が登場です。

清酒というのは、冷酒にしたりお燗にしたりと、温度を変えるだけで、
何かを付け足すという飲み方は主流ではありません。
しかも、時間がたつとぬるくなって美味しさが半減してしまいます。

で、今回ご紹介する「涼彩 かちわり原酒」は、
氷を入れて、ライムを添えて、楽しめるお酒です。
アルコール度数が18〜19度と、通常よりもだいぶ高いですが、
氷を入れることで溶け出した氷の水と混ざって
ちょうど良いアルコール度数で楽しめるというわけです。

ライムやレモンの柑橘系を添えると、清涼感も増します。
ソーダ割りで、カクテルのような感覚も楽しめますよるんるん

また、瓶には飲み方提案のしおりがついていますので、
それを参考に、また自分だけの楽しみ方を見つけるのも
おもしろいと思いますぴかぴか(新しい)


月桂冠からも氷をいれて楽しむ純米酒が出ています。
月桂冠 氷原酒





人気ブログランキング
  ↑ランキングに参加しています。
    今日もぽちっとお願いします揺れるハート
posted by みや at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

とらじの唄

焼き肉には、やっぱコレでしょるんるん

◎とらじの唄◎
とらじの唄

焼き肉屋さんでよくみかけるお酒ですよね。
というのも、焼き肉屋さん専用のお酒なんだそうです。

基本的には韓国の濁酒のマッコリそのもの。
日本版マッコリという感じです。
酸味の効いた甘酒風味というか、やはり焼肉が食べたくなる感じです(笑)。
後切れもよく、すっきり爽やかなテイストに仕上がっています。
米・米麹のみで造られた、酸味と甘みのある微発泡の低アルコールにごり酒です。
酒別は、清酒・純米酒になります。
特に肉料理・油っこい料理に最適です。

味はというと、とらじの唄の方が発泡性が強い気がします。
(マッコリは、ほんとに微微発泡っていう感じ。)
口の中がしゅわっとして、脂っこいのがすっと引きます。
米のみで造られているとのことですが、米の重みと甘味を感じます。
(飲み過ぎると、おなかが張ってくる・・・(笑))
アルコール度数は、通常のお酒よりも格段に低いので、(6度〜7度)
ぜひ女性にも飲んで頂きたいですね。



↓やはり、とらじの唄は焼き肉屋さんでしか売ってないようです・・・↓
シューニャ
  焼き肉屋さん以外では、名前を変えてるみたい・・・

↓飲んでます。↓
第三陸上部 部員のつぶやき
食の神さま


↓マッコリの販売ページを見つけました。↓
缶マッコリ
【ニ東】マッコルリ360ml瓶




人気ブログランキング
  ↑焼き肉食べたい!という方、ぽちっとお願いしますexclamation
   今日もクリックありがとうございます揺れるハート
posted by みや at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

菊水 行楽セット

お花見に持って行って!
飲みきりサイズのお酒とおつまみ入り!


◎菊水 行楽セット◎
菊水行楽セット

昨日は雨が・・・バッド(下向き矢印)
今日も天気があまりよくないようです。(近畿地方)
週末まで桜が持つのかなぁ・・・なんてちょっと心配ですね。
↓桜の開花はこれで確認。↓
桜便り

まぁ、桜がなくてもみんなで集まれば、どんちゃん騒ぎですよねるんるん
ということで、行楽のお供にぜひ、おすすめしたいのが、菊水の行楽セット。

その中身は、・ふなぐち菊水一番しぼり200ml(本醸造生原酒 / 濃醇甘口)
      ・熟成ふなぐち菊水一番しぼり200ml(熟成吟醸生原酒 / 濃醇甘口)
      ・菊水白缶180ml(普通酒 / 淡麗濃旨口)
      が、各2本と、
      ・おつまみ(株式会社なとり「ソフトいか燻製」26g)が1袋。
それらがオリジナルバッグに入っています。
オリジナルバッグはしっかりした素材でできているので、
飲み終わった後は、お弁当の袋にもちょうどいいかなぁ・・・と思います。


ところで、なぜ、日本人は春になると桜の木の下でお酒を飲むのでしょう?
ほかの花を見ても「花見に行こう!」という気になりませんが、
桜を見たら、「花見の季節やね」と思います。
実は、桜の「サ」、酒の「サ」には、深い意味とつながりがあったのです!
↓ここから、詳しい内容が見れます。↓
なぜ、日本人は春になると桜の木の下でお酒を飲むのか?

↑このHPを初めて知って、「ほほ〜ぅ、そんな深いつながりがあったのか!」と
目からウロコでしたぴかぴか(新しい)
日本人の血がそんな行動をさせていたのか・・・と。
(気になった方はぜひ読んでくださいハートたち(複数ハート)私ではうまく説明できないので・・・あせあせ(飛び散る汗)
        


↓菊水の行楽セットを販売しているページを見つけました。↓
↓オリジナルバッグには、青と赤の2種類ありま〜す。↓
菊水 行楽セット 青

菊水 行楽セット 赤


みなさん、今年もお花見を楽しんでらっしゃるようでするんるん
私も今週末行きたいなぁ・・・・・・・・・・・・でも、仕事・・・バッド(下向き矢印)
よさこい日記
お酒の記憶(たまに食べ物その他も)
今日のあしあと

↓ここには、キレイな桜の写真が。京都植物園の桜です。↓
さくら・さくら



人気ブログランキング
  ↑お酒・ドリンク部門で第97位63892
   今日もぽちっとお願いします揺れるハート

posted by みや at 15:00| Comment(4) | TrackBack(2) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

ぼっちり 純米酒

「ぼっちり」なお酒。
話題の酵母、CEL19を使用!
香り高い純米酒です。



◎ぼっちり 純米酒◎
ぼっちり


「ぼっちり」とは、高知の方言・土佐弁で、「ちょうどいい」という意味です。
ラベルはご覧のとおり、シンプルに墨字です。
でも、それが愛嬌があって、気に入りました(^^)
酵母には、CEL19という、あまり馴染みのない酵母が使われています。
通常は大吟醸に使われるそうですが、このぼっちりは純米酒。
この酵母を使うことによって、香り成分が通常の7〜8倍になるそうです。
このCEL19は高知酵母とも呼ばれており、
今現在使用している蔵は数えるくらいしかないそうです。
また、使い方を間違えるととんでもないお酒になるそうで、
この「ぼっちり」はまさしく大成功したお酒といえます。


〜飲んでみて〜
香りは華やかで、冷やでもほのかな甘みを思わせる華やかな香りを感じることができます。
一口飲んで、舌先に少しピリリと酸を感じました。
おそらく、瓶詰め後、間もないのでガスが抜けきってないからではないかと・・・
でも、すごく飲みやすくておいしかったです!
アルコール度数が15〜16度と高いのですが、それを感じさせることなく
くぃくぃっと飲めます。(おかげで今日は二日酔いですたらーっ(汗)


↓ぼっちりを販売しているページを見つけました。↓
土佐しらぎく ぼっちり 純米 1800ml


HPブログランキング
  ↑いつもクリックありがとうございます(^^)黒ハート
   順調に上位にランクアップしていまするんるん
posted by みや at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

小鼓 路上有花(ろじょうはなあり) 純米大吟醸

伝統的な酒造りと、エンターテイメントの融合

◎小鼓 路上有花 純米大吟醸◎
小鼓 路上有花

小鼓というと、独特のラベル文字が印象的ですが、(↓画像参照)
小鼓ラベル例
これは、美術作家・綿貫宏介氏によるもの。
また、器・ラベルの色調などまで彼によって創りあげられたものとのこと。
彼の独創的な感性で創られたことにより、
小鼓のお酒はより一層神秘的で魅力的なものとなっています。

そんな芸術性にも秀でた作品のひとつが『路上有花』。
「どんなに良い日本酒であっても見た目の美しさや楽しさを忘れてはならない。」
というコンセプトのもと、伝統的な酒造りを継承しながら、
エンターテイメントの要素をお客様に堪能してもらうため、
ラベルや容器(瓶)の独自性を追求しています。

『路上有花』はキレイな青色のボトルに花をあしらっています。
とても上品なボトルなので、飲み終わった後、花瓶として部屋のインテリアにもオススメ!
栓は、日本酒では珍しい(というか前例がない?)コルクを採用。
というのも、豊かな香りと繊細な味わいはまるで白ワインのよう。
そんな蔵元のこだわりが容器にも現れています。

俳人高浜虚子が「ここに美酒あり。名づけて小鼓という」と謳い命名したのは有名な話。
俳人文人に愛されたお酒だけあって余韻のある優美な良酒。
また、世界有数の舌を持つといわれるワイン評論家、ロバート・M・パーカー氏が
雑誌の中で、この『路上有花』に91点もの高得点をつけています!
91点は、ボルドーの有名シャトーでもなかなかつけられない数字。
2001年シャトー・マルゴー(赤)と同じ得点ということからも、
とても高い評価を得ていることがわかります。

↓路上有花を販売しているページを見つけました。↓
小鼓 純米大吟醸路上有花(ろじょうはなあり)720ml



人気ブログランキング
  ↑ランキングに参加していますハートたち(複数ハート)
   おもしろかった、参考になったらクリックお願いいたしますm(__)m
posted by みや at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

久保田 千寿 特別本醸造(新潟県)

ご存じ・プレミア地酒!

何度飲んでも飽きません!!!


◎久保田 千寿 特別本醸造(新潟県)◎
久保田・千寿 1800ml 朝日酒造
↑クリックするとお買い物できます。
アルコール度数:15.5%
原料米:五百万石(精米歩合55%)
日本酒度:+6.0
酸度:1.2
蔵元:(株)朝日酒造(新潟県)


ご存じ、大人気の久保田。
久保田には他にも種類がありますが、私は千寿が一番スキです。
(といっても、百寿と千寿しか飲んだことない・・・ハズですが。)
冷やで飲むとキリッとしまった感じがします。
のど越しがやわらかで、日本酒独特ののどにくぅ〜っとくるものがないです。



特別本醸造とはいえ、吟醸規格の出来です。
飲み口の良いスッキリとした辛口のお酒。
上品でやさしい香味は、やすらぎを誘います。


↓久保田 千寿を販売しているページを見つけました。↓
久保田 千寿 特別本醸造 1800ml久保田 千寿 1.8L  久保田 千寿 特別本醸造 720ml久保田 千寿 720ml



人気ブログランキング
  ↑ランキングに参加していますハートたち(複数ハート)
   おもしろかった、参考になったらクリックお願いいたしますm(__)m後日談
posted by みや at 14:01| Comment(0) | TrackBack(2) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

じげの酒

上撰クラスの味が楽しめる!

◎じげの酒◎
じげの酒

「じげの酒」とは「地元の酒」という意味。
その名の通り、地元でしか味わえないお酒です。
別撰との表示ですが、上撰クラスの味が楽しめます。

醸造元の陽気酒造株式会社は、鳥取県東部に位置する小さな蔵。
しかし、その味わいは常に安定しており、
地元でも「間違いがない」と評判の酒を造っています。

冷やでもよし、燗でもよし。
お好きなスタイルでどうぞ。
気取らずに毎日の晩酌で飲める手軽さも◎!
今日は格別に寒いようですから、
熱々の鍋と一緒に、熱燗で楽しんではどうでしょうか?

醸造元・陽気酒造株式会社(鳥取県)



人気ブログランキング
  ↑飲みたい!と言う方、ぽちっとお願いしますexclamation63892
   もう飲んだよ〜という方もぽちっとどうぞ揺れるハート

posted by みや at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。