2005年07月27日

菊水 知命 大吟醸

知命〜五十にして天命を知る〜


お客様に大感謝!の1本です揺れるハート


◎菊水 知命 大吟醸◎
菊水 知命
原材料 米・米麹・醸造アルコール
アルコール分16度
精米歩合50%(大吟醸)
日本酒度+4、酸度1.4
味わい すっきりとした辛口


「菊水ふなぐち」で有名な菊水酒造は、今年法人設立50年を迎えます。
それを記念して、大吟醸「菊水知命(ちめい)」が発売になりましたるんるん

大吟醸で¥2200(1.8L)は、格安!
相場がよくわからないんですが、メーカー希望小売価格で
2000円前半台はみたことがないです。


名前の由来は、孔子の論語の一文
「五十にして天命を知る」から。



穏やかな吟醸香をともなう軽快な飲み口で、酒通の方も、
初めて日本酒を召し上がる方もご満足いただける大吟醸酒。
料理との相性も良く、素材の繊細な旨味を引き出します。
キリリと冷やしてぐいっといくのがオススメぴかぴか(新しい)



↓菊水 知命 大吟醸を販売しているページを見つけました。↓
50周年記念商品「菊水知命」720ml

『古(いにしえ)の菊水プレゼントキャンペーン』
  8月1日〜10月31日まで実施してます。
  



人気ブログランキング
  ↑今週もがんばりまっすexclamation
   1日1clickでお願いしまするんるん
posted by みや at 14:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 地酒:その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

小鶴 くろ
Excerpt: 創業明治16年の小正醸造??の自信作『小鶴 くろ』 原料のサツマイモは鹿児島県内の契約農家の方々の手によって丹念に育てられた新鮮な黄金千貫を使用、仕込み水は自然の地下水、麹菌は明治の末年に導入された..
Weblog: 殿のBlog
Tracked: 2005-07-28 01:32

高い酒はそりゃ美味いけど
Excerpt: 独身時代は、うまい酒を飲むためなら金に糸目を付けないところはあった。(…といっても、ワイン1本に何十万も出すとかいうレベルに行くわけではなく、タカはしれているけど) 山口の「獺祭(だっさい)二割三分..
Weblog: 不まじめ半分・酔っぱらい半分
Tracked: 2005-12-04 17:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。