2005年03月02日

壺坂酒造 雪彦山 夢・輝・虹〜花酵母シリーズ〜

従業員6人で造る、まろやかでやさしいお酒

◎夢・輝・虹 〜花酵母シリーズ〜◎
花酵母シリーズ

花の酵母を使用した珍しいお酒。
去年は辛口だったそうですが、今年は香りに合わせて少し甘口にしてみました・・・とのこと。
ラベルも去年と一新し、シンプルかつ、可愛らしくなっています。
(ワインコーナーに置いてあっても違和感ない感じ。)

夢(純米吟醸)・・・なでしこの花酵母を使用。
          グラスに注ぐとふわ〜と甘く華やかな香り。
          ほのかな甘味と香りが口の中に広がります。
          甘味でだまされそうですが、実はアルコール度数16度と高め。
          飲み過ぎにご注意!(笑)
輝(吟醸)・・・・・つるばらの花酵母を使用。
          つるばらとは、バラ科の一種で、花の色もさまざまです。
          夢ほどには華やかな香りではありませんが、ほのかで上品な香りがします。
          味の方は、少しアルコール添加しているためか、
          アルコール感が強かった印象を持ちました。
虹(本醸造)・・・・日々草の花酵母を使用。
          日々草は、一夏の間、次々と咲かせる花です。
          米の旨みが出ていて、フルーティな味わい。
          飲む順番が悪かったようで、(夢→輝→虹)すこし物足りなく感じました。
          冷やで飲んだのですが、燗の方がよりおいしいかも。
 

    
醸造元の壺坂酒造は兵庫県姫路市の北に位置する夢前町に蔵をかまえています。
登録商標である「雪彦山」は、町の北部にある山の名前から。
雪彦山は、日本百景並びに日本三彦山の一つであり、
ロッククライマーがこぞって登りにやってくるという、知る人ぞ知る有名な山です。
(一度登山したことがありますが、かなり急な山で、鎖を使って上り降りしたり、
岩がごろごろとありと、すごく険しい山でした・・・)
雪彦山(山のほう)はこちらをどうぞ。→Hyougozine

従業員6名ととても小さな蔵ですが、酒造りへのこだわりはどこの蔵にも負けていません。
米は、地元・播州で作られる日本一の酒米「山田錦」と夢前町の特産酒米「兵庫夢錦」を原材料とし、水は、雪彦山の伏流水を使用しています。
また、『播州弁の理解できる酒造り』を目標に平成3年からは、夢前町の独特の気候風土に
一切をあずける自然発酵を実践しています。
自然発酵とは、蔵内に温度管理器などを一切置かず、酒蔵の正面扉の開閉のみで
蔵内の温度や湿度を調整するという方法のこと。
実際の酒造りをしているのは、2人。
「仲良く仲良く造っているんです」と蔵人がおっしゃっていましたが、
飲んでみると、ほんとにまろやかでやさしい味。とげとげしさがありません。
自然発酵法の中にはやさしい「人柄」もぎっしりつまっているのでしょう。

商品の消費はほとんどが地元。(蔵内店舗でほぼ半分を消費してしまうとのこと)
↓ここから商品が買えます。↓
醸造元・壺坂酒造の公式HP


↓密かに人気ありまするんるん
赤穂ワインクラブ



人気ブログランキング
  ↑飲みたい!と言う方、ぽちっとお願いしますexclamation63892
   いつもクリックありがとうございます揺れるハート

posted by みや at 12:25| Comment(5) | TrackBack(1) | 地酒:播州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
純米雪彦山は大好きでよく飲んでいました。最近は焼酎派ですが、やっぱり日本酒はおいしい。お向かいあたりの三島君とは友達です。かれは金壺がうまいと言ってます。
Posted by 稚芸 at 2005年03月03日 22:44
純米雪彦山は大好きでよく飲んでいました。最近は焼酎派ですが、やっぱり日本酒はおいしい。お向かいあたりの三島君とは友達です。かれは金壺がうまいと言ってます。
Posted by 稚芸 at 2005年03月03日 22:45
コメントありがとうございます。
金壺は花酵母と同じ時に試飲させてもらったのですが、(しぼりたて本醸造)アルコール度数が高くて
「うひゃぁ〜」となっちゃいました(汗)
いままで壺坂酒造さんのお酒飲んだことなかったのですが、隠れた銘酒って感じがしますね。
Posted by みや at 2005年03月04日 15:21
('ε') フーン、所々には地元に密着したお酒がやっぱりあるんですねえ。みやさん登ったってだけでも凄いじゃないの!小生は見るだけでとても登る気にはなれません。山城にはたくさん登りましたけどねえ(^^ゞ
Posted by がんさん(現在ひょう太です) at 2005年07月02日 00:23
こんにちは、ひょう太さん!
(名前間違って、ごめんなさいm(__)m)

登りはいいんですけど、下りが怖くて。
滑ってころんと転びましたよ。
えぇ、おむすびのように。

このお酒はほんと暖かみのあるお酒なので、
1人よりも2人、3人と大勢でほのぼのと
飲むのがオススメです(^^)
Posted by みや at 2005年07月02日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

花からのプレゼント「花酵母」を使ったお酒について その1
Excerpt: 花酵母を分離なさった中田教授へお話を伺ってきました。もしよかったら見てください。
Weblog: 農大市場ニュース
Tracked: 2005-05-27 16:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。