2005年02月07日

シャトー・レイノン 白

ボルドー白ワインに革命を起こした
醸造家が造った白ワイン!


◎シャトー・レイノン 白◎
シャトーレイノン


ボルドー大学醸造学部の教授で、著名な醸造家でもあるデュブルデュー氏。
また、ボルドーの白ワインに革命を起こした天才醸造家とも呼ばれています。
シャトー・レイノンはそんな『天才醸造家』が造ったボルドーの白ワイン。

微かに緑がかった麦わら色、青いハーブやシトラスを想わせる爽やかな香りと
ソーヴィニヨン・ブラン種の特徴である若干の麝香(じゃこう)の香りとともに、
レモンやグレ−プフルーツのように引き締まった味わいが特長です。
刺身、生牡蠣等の生の魚介類、寿司等和食と良く合います。


<試飲してみて・・・>
ソーヴィニヨン・ブランというと、『草の香り』、人によっては『ゴムの香り』など
言われており、甘い香りの連想がありません。
(私自身、ソーヴィニヨン・ブランは『茎っぽい』香りと思っています。)
また、味はスッキリしていて、後味が爽やか。

今回、このシャトー・レイノンを飲んでみて、今までのイメージが覆されました!
匂いをかぐと、鼻の奥にほのかに甘い香りを感じます。
一口飲んでみると、舌先に甘いものを感じます。そして、味に厚みを感じました。
後味としてわずかにコクと甘さが残りますが、くどくなく、ちょうどよい後味でした。
ここのシャトーは年々評価があがっており、
今ならお買い得なお値打ちワインとして楽しめそうです。

↓シャトー・レイノン白を販売しているページをみつけました。↓

★★★シャトー・レイノン白★★★





人気ブログランキング
  ↑ランキングに参加していますハートたち(複数ハート)
   おもしろかった、参考になったらクリックお願いいたしますm(__)m
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

シャトー・レイノン 白
Excerpt: ◎シャトー・レイノン 白◎ 今日飲んだんじゃないんだけど・・・。 先日、結婚退職された先輩と久々に会う予定ができ、 後輩と3人で飲みに行きました。 「『ワインアドバイザー試験』受かった記念..
Weblog: 今日飲んだお酒
Tracked: 2005-02-09 11:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。