2006年02月22日

春鹿 微発泡純米 ときめき(奈良県)

デザート感覚でどうぞ!

米の旨味を感じるほのかな甘み。


◎春鹿 微発泡純米 ときめき◎
■春鹿 微発泡純米 ときめき   300ml [奈良県]春鹿ときめき
アルコール度数:6〜7%
日本酒度:−80(旨口)
酸度:5.0〜6.0
アミノ酸度:1.0〜1.5
醸造元:今西清兵衛商店(春鹿)(奈良県)



しばらく更新滞ってました・・・たらーっ(汗)

先日、春鹿へ蔵見学に行ってきました。
そのときに試飲したものをしばらく紹介していこうと思いまするんるん


春鹿の醸造蔵は、奈良県奈良市にあります。
おみやげなどが売ってあるにぎやかな商店街を通り抜けて、
閑静な路地の一角にあります。
あまりにも自然にとけ込んでいるので、
油断すると気づかずに通り過ぎてしまいそうな入り口でした(笑)



近くには春日大社があります。
春鹿はもともと春日大社の神官として神々に供える酒を醸していました。
が、明治政府発令の神佛分離令により一蔵元となりました。
『春鹿』という銘柄の由来は、春日大社の『春』と、
春日の神々は『鹿』に乗ってやってくるという伝説から名付けられました。
現在も3月13日に日本3大勅祭である春日大社『春日祭』に、
供御(くご)される白貴(しろき)は春日大社の酒蔵『酒殿』に出張し、
ご奉仕しているそうです。


今回、試飲した中の一つで、一番お気に入りだったのが、
この『ときめき』です。
少し白く濁った色、微発泡なので心地よい刺激が舌先にあります。
日本酒度が−80という超甘口ですが、くどい甘さではなく、
米自体の甘味が感じられます。
口当たりはあくまでも爽やかで、後味もスッキリです。
食前酒、食後酒におすすめ!
アルコール度数も低いので、日本酒初心者の方にはもってこいのお酒です。
(でも、通常の日本酒とはまた別の味わいですが・・・)
「チューハイ、カクテル好き」な方には是非一度飲んで頂きたいです。
ほんとにおいしい!




↓ときめき(微発泡)を販売しているページを見つけました。
■春鹿 微発泡純米 ときめき   300ml [奈良県]春鹿ときめき  ケイタイ用



人気ブログランキング
     いつもクリックありがとうございます揺れるハート
posted by みや at 11:54| Comment(6) | TrackBack(1) | 地酒:近畿(播州除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
殿さまのところから来ました。

タイトルをお見かけして、思わず「はい!」って感じです^^;
くまなく読ませて頂きます。
Posted by mnooskablog(仮名) at 2006年02月22日 14:00
ご無沙汰ですー。

日本酒のこういう試みって面白いですよね。
確かに通常の日本酒とは別物とは思いますが、
こういうのが好きになるきっかけになったりして。
入り口としていいなぁって思います。
Posted by shinkame at 2006年02月24日 00:27
日本でおいしい大勅などを試飲しなかった。


Posted by BlogPetの☆もこ☆ at 2006年02月26日 12:03
春でしろき入り口や、おいしい超甘口とかをチューハイしなかった?


Posted by BlogPetの☆もこ☆ at 2006年03月05日 12:16
きのう春日大社で、蔵された。
Posted by BlogPetの☆もこ☆ at 2006年03月12日 13:43
殿さまとこからおいでくださって・・・
mnooskablog(仮名) さん、ありがとうございます(^^)
っていうか、大臣さんですね。
お見苦しい点が多いと思いますが・・・よろしくどうぞ☆

shinkameさん、おひさしぶりです☆
日本酒らしくないんですが、
やはり米の旨味が凝縮されてるので、
「日本酒の入り口」って感じですよね♪
かなり気に入りました。
(こういう日本酒ダイスキ☆)
Posted by みや at 2006年03月13日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

晒されてない真実!?
Excerpt: 堀○モンの再逮捕裏側!晒しまくれ!成功の影に隠れる裏の顔…こんな事もやっていたハズだ!今や安定期を迎え始めたIT業界。しかし業界を震撼させる闇の部分が晒されていない。成功者と呼ばれるID革命男児達の知..
Weblog: IT業界を震撼させる号外NEWS
Tracked: 2006-02-22 11:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。