2006年03月13日

春鹿 純米吟醸生酒 しぼりばな

ニューヨークでも飲まれているお酒。

春鹿 しぼりたて新酒 しぼりばな 720ml春鹿 純米吟醸 しぼりばな
アルコール度数:16〜17度
日本酒度:+5
酸度:1.5
アミノ酸度:1.4


おみやげに買って帰ったお酒です。
ラベルに酒林が書いてあるのが、かわいらしいなーと思いながら
飲んだのを思い出しました。
ちょっと余談で、酒林の作り方はこちらから。
酒林とは、杉の葉で作られたくすだまのようなものです。
杉は、殺菌作用があるため、木の部分は桶や樽などの貯蔵用に
使われてきたそうです。
葉はというと、酒林になり、
「今年もおいしいお酒ができました」という合図として
軒先に吊るされるようになりました。


さて、飲んだ感想ですが・・・
純米酒とあって、米の旨味、甘味がよく出ています。
こういう米の甘味はくどくないので、やっぱりおいしいですね。
ニューヨークでも飲まれているそうです。
(走り書きメモに書いてました)
ニューヨークで日本酒ってなんか、粋な感じがしますね♪



↓春鹿純米吟醸しぼりばなを販売しているページを見つけました。
春鹿 しぼりたて新酒 しぼりばな 720ml春鹿純米吟醸しぼりばな
←ケイタイ用

人気ブログランキング
     いつもクリックありがとうございます揺れるハート
posted by みや at 21:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 地酒:近畿(播州除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春鹿 新走りしぼりたて生原酒

蔵でしか味わえない新酒。


春鹿 しぼりたて新酒 新走り(あらばしり)720ml 12月8日蔵出し予定春鹿新走りしぼりたて生原酒 ←ケイタイ用
アルコール度数:19.0〜19.9
原料米:アキツホ
日本酒度:+4
酸度:1.5
アミノ酸度:1.2
醸造元:春鹿(奈良県)



蔵見学にいってから、だいぶ日が経つので、
思い出しながらのコメントです・・・トホホ


あらばしりとは、搾って出てくる最初の部分のことを言います。
昔は、酒袋(さかぶくろ)に醪をつめて、槽(ふね)の中にならべて
搾っていました。槽(ふね)に並べているときに
自然に出てきた清酒を「あらばしり」と言います。
「あらばしり」は、特に香りが高いのが特徴です。


飲んでみて・・・
(ほとんど覚えてないんですが・・・汗)
アルコール度数が19度と、かなり高めなので、
かなりまったりとした飲み口でした。
でも、キツイアルコール臭がなく、本醸造にしては
かなりおいしいな・・・という印象でした。
常温(冷酒?)で頂いたんですが、私的には、燗よりもこのままの方が
いいなと思いました。


人気ブログランキング
     いつもクリックありがとうございます揺れるハート
posted by みや at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地酒:近畿(播州除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。